JOJO(ジョジョ)のパンミー マレーシア旅行で必ず食べたいクアラルンプールグルメ

スポンサーリンク

JOJO LITTLE KITCHEN パンミー

JOJO LITTLE KITCHEN (ジョジョ リトルキッチン)のパンミーが忘れられない

このブログ記事は2015年のクアラルンプール旅行記を再編集しているのですが、2年経ってもここJOJO(ジョジョ)で食べたパンミーの味が忘れられません。

 

クアラルンプールグルメの中でも庶民の味、パンミー。パンミーとはマレーシア料理の中でも家庭の味で、汁あり汁なし、辛いもの辛くないものいろいろあるそうです。

JOJO(ジョジョ)のパンミー、私の中でかなりおすすめのクアラルンプールグルメです。

 

 

JOJO LITTLE KITCHEN (ジョジョ リトルキッチン)

この10年で一気に近代化したマレーシア。久しぶりにクアラルンプールに降り立ち、記憶と全く違うクアラルンプールになっていたことに驚きました。

 

でもJOJO(ジョジョ)があるのは昔ながらのクアラルンプールを感じさせてくれる地元の人が行くようなエリアです。


この店構えを見ると東南アジアを旅行しているなと感じます。

JOJO(ジョジョ)のメニュー

 

JOJO(ジョジョ)のメニューには目移りしてしまうクアラルンプールグルメの数々。お値段はどれも7RM前後なので、日本円で約200円前後となります。

 

これがJOJO(ジョジョ)のパンミー

パンミーには汁ありと汁なしがあり、今回オーダーしたのは汁なしのドライパンミー。7.8RM 約230円です。

 

麺も選べて先人の教えの通り平麺を選択。

 

これがJOJO(ジョジョ)のパンミーです。いま写真で見ていても我慢できないくらいに食べたい。

平麺にしっかり味がついた大粒のひき肉、ナシレマにも入っていた揚げた小魚イカンマニス、半熟卵、そしてチリだれ。

チリだれはどのお店も自家製だそうで、唐辛子が効いた辛さと、甘みの豚の脂身が入っているものも多うです。

 

卵を崩して全体を混ぜます。

 


全体に辛さが広がりそれを半熟卵が中和。味のポイントともなる塩辛いイカンマニス。肉を噛みしめたときにでる旨み。

全てが主役のパンミー。これは本当に美味しかったです。
 

 

パンミーとともにオーダーしたのはレモンウォーターです。

ヒリヒリと辛いパンミーを食べ、冷たく甘酸っぱいレモンウォーターを飲む、最高のクアラルンプールでの食事でした!

 

JOJO LittleKitchen(ジョジョ リトルキッチン)クアラルンプール マレーシア DATA

住所:No.4, Jalan 27/70A, Desa Sri Hartamas, 50480 KL (マレーシア クアラルンプール)

営業時間:10時~22時 火曜日のみ18時まで

(マレーシア旅行日2015.7)

(*)情報は掲載時または旅行した日のものとなります

「マレーシア旅行ブログ 」カテゴリの関連記事