八丈島(池袋)島寿司・あしたばの天ぷら 八丈島の郷土料理を池袋で楽しむ

スポンサーリンク

池袋で楽しむ八丈島グルメ

旅行先ではその土地の郷土料理やご当地グルメを食べまくることを欠かさず、このブログでもご紹介してきました。

でも近場で旅先グルメを味わいたいときもしばしば。

今まではそのような内容は別のブログでご紹介していたのですが、

近場で味わう旅先グルメもこちらのブログで更新することにいたしました。

池袋駅前で本格的八丈島の郷土料理「八丈島」

ということで、池袋駅 西口徒歩2分のところにある「八丈島」です。

数年前に一度来たことはあるのですが、久しぶりの訪問となりました。

 

八丈島(池袋)メニュー

八丈島の郷土料理、ご当地グルメが目白押し!あしたば(明日葉)メニューも天ぷら、おひたし、胡麻和え、辛子マヨ和えと豊富です。

あしたばアイスなんてものもありますね!
池袋 八丈島メニュー

アルコールメニューも豊富です。島焼酎からあしたばを使ったドリンクまで。

 

 

池袋の八丈島で八丈島グルメを堪能した感想

あしたばハイボール(420円)あしたば茶(280円)
ドリンクはやはり明日葉で!キンキンに冷えたあしたば茶は喉越しがサラッとしていて食事によくあいました。

お通しは枝豆メインの中に刺身の切り落としが入っています。

 

本日のおすすめメニューからエシャロット(480円)
シャキッとしたエシャロットが濃厚な味噌にあいます。

 

こちらも本日のおすすめメニューから白子ポン酢(850円)

 

これが食べたかった!

あしたばの天ぷら(680円)。4人で2皿オーダーしました。

 

揚げ物は塩で食べるのが好き。サックサクの衣に微かな苦みがある明日葉が包まれています。ほんと美味しいー

 

こちらは東京の離島経験が豊富な「ネタフルコグレさんのリクエスト。
▼コグレさんの今回のレポート
「八丈島」徒歩で行ける池袋の離島!明日葉の天ぷらと島寿司が絶品
「神津島より赤イカの塩辛(辛口島唐辛子入り)」(480円)

 

あしたばの天ぷらおかわり!更に2皿!4人で合計4皿いただきました。美味しくて美味しくて、まだまだイケた!

 

おまかせ特選刺身三点盛り(1,650円)「三点盛りですがサービスで4点になっています」とお店の方が。

わらさイカ、真鯛、かんぱち。どれも脂がノリノリ!トロける刺身です。

 

ここはやっぱり島料理。刺身には刻み青唐辛子!

 

脂がのった刺身にピリッとくる青唐辛子があうんです。

 

あおさのりの天ぷら(730円)を2皿。こちらもサックサク。「八丈島」は揚げ物レベルが高いです!

 

あしたば茶もおかわり!

明日葉茶

 

島寿司(750円)4人前!
島寿司も前回「八丈島」で食べて美味しかった記憶が強烈に残っていたメニュー。1人1人前ずつです。

池袋 八丈島のおすすめメニュー 島寿司

 

島寿司4貫にあおさのり1貫が1人前!

島寿司とあおさ寿司

 

そして味噌汁もつきます。味噌汁はあら汁で、上澄み脂がうきまくっているところからも、お魚が脂ノリノリなことがわかります。

あら汁 八丈島 池袋

 

島寿司がツヤツヤ、トロトロ。

あおさ寿司 池袋八丈島

 

口に運ぶとトロ〜んとトロける刺身です。もう1人前でも食べられましたね。本当美味しい!

島寿司 八丈島 池袋

 

大大大満足の池袋の「八丈島」でした。インターバルなく再訪したいです!ごちそうさまでした!!!

 

今回は池袋で味わった八丈島。八丈島は羽田からANAで約1時間。

朝の便0730発0825着で行って1730発1830着で戻る弾丸旅行も楽しいかなと妄想してます。

 

八丈島(池袋)営業時間・定休日など

営業時間が24時間営業から変更した池袋の八丈島
住所:東京都豊島区西池袋1-22-4
電話 :050-5869-4739
営業時間 : 24時間営業だった八丈島が営業時間変更!

月曜〜土曜 10時〜翌午前3時
日曜 10時〜23時

定休日: 年中無休

食べログ

(*)情報は掲載時または旅行した日のものとなります
【関連】