滑走路1本の空港では発着回数日本一!見応えがある福岡空港 展望デッキ

スポンサーリンク

滑走路1本!国内最多発着数の福岡空港展望デッキ

現在2本目の滑走路準備中の福岡空港1本しかない滑走路でも、2本ある新千歳空港や伊丹空港よりも多い年間発着数は17万回を超えているそう。それだけ展望デッキで見ることができる航空会社もバラエティーに富んでいます。(参考数値はこちら

 

 

この1月に空港の再編も完了し、あとは一部のショップのオープンを待つだけ。

空港から地下鉄への行き方もスッキリし、吹き抜けの明るいエスカレーターが空港気分を高めてくれます。

福岡空港展望デッキ

 

福岡空港 展望デッキの場所

国内線の展望デッキは4階ですが、エレベーターで行くことはできず3階からは階段でのぼるようになります。

 

 

展望デッキの場所への階段はレストラン「YOSHIMI BLUESKY」やスタバックスコーヒーの奥。

福岡空港 国内線展望デッキ

 

レストランなどもリニューアルされたので今一つイメージがわきませんが、展望デッキの場所や階段は以前と同じ場所だと思います。

 

展望デッキの時間は7時から21時30分まで。

 

福岡空港の展望デッキ。デッキまでの通路と展望デッキ自体もまだリニューアル途中、フェンスが中途半端に立っていて、小さなお子様とかは見えづらい状態になってしまっています。

 

展望デッキに出る前のエリアにある展示物。確か以前はここに飛行機の巨大なタイヤがあったように記憶しているのですがそれはなくなってしまっていました。

福岡空港で見ることができる航空会社とその機材が表示されています。

福岡空港 展望デッキで見ることができる国際線

 

LCC(ジェットスター・ピーチ)、MCC(スターフライヤー),FSC(JAL・ANA)の機材が並ぶ気持ちいい駐機場です。

(参考ページ:MCCとは

 

ということで、今回ほんの15分くらいの間に見ることができた機体が以下です。目の前でユナイテッド航空に飛び立たれてしまったのはちょっと残念でした。

 

福岡空港展望デッキ(公式サイト)

(*)情報は掲載時または旅行した日のものとなります
【関連】

「福岡旅行ブログ 」カテゴリの関連記事