ソウルフードと芸術の街「モントリオール旅行」観光・グルメ ブログ記事まとめ Montreal INDEX

スポンサーリンク

モントリオール観光とグルメ ブログ記事のまとめ

6泊8日のケベック州プレスツアー、ケベックシティ、ローレンシャンときて3か所目の訪問地モントリオールです。モントリオールには2泊しました。

このページはモントリオールでの観光とグルメをご紹介したブログ記事のまとめになります。

ケベックシティにフランスからサミュエル・ド・シャンプレインが派遣されてきたのが1603年。そこから約40年後となる1642年、今度は今のモントリオールにメゾヌーブが派遣されフランス植民地化計画でヴィル・マリーを築き上げました。そして1763年からのイギリスの植民地時代を経て、今に至っています。

 

カナダが誕生するまでのこのような歴史に加え、今も昔も移民、難民を多く受け入れているため、さまざまな人種や宗教の人が存在しています。実際に私もモントリオールの街中で写真を撮っているときに話しかけてきたのは、ザンビアから移住してきた男性でした。

 

様々な人種、様々な宗教の人で成り立っているからこその芸術や食文化を楽しむことができるのがモントリオールなのだと感じています。

 

 

モントリオールはこんな人におすすめ

・旧市街はとくに石畳の道に両脇には古い石造りの建物。重厚感ある建造物が好きな人におすすめ

・「グルメ」とか「美食」よりも、歴史がある「ソウルフード」や「郷土料理」に興味がある人におすすめ

・50以上の美術館や博物館があり、ダウンタウンは街自体がアート。芸術に興味がある人におすすめ。また世界的に有名なデジタルアート集団Moment Factoryの本拠地でもありノートルダム大聖堂など、デジタルエンターテイメントに興味がある人にもおすすめ。

 

 

モントリオールの行き方

昨年よりエアカナダで成田からの直行便が就航したモントリオール。所要時間は約11時間半。

夏季は毎日、冬季は週3便。(参照:フライトスケジュール

 

モントリオール国際空港からモントリオール中心地まで

タクシー 42ドル+10~15%のチップ 所要時間15~30分

空港シャトルバス 10ドル 45~70分 11の停留所

(1カナダドル=約80円)

 

 

モントリオール観光におすすめのホテル「プラスダルムス」

モントリオールで宿泊したのは、観光の中心地となるノートルダム大聖堂から徒歩30秒ほどの好立地にあるホテル「プラス ダルム」。4棟の歴史的建造物を繋げて作られている建物も重みがあります。

4棟の歴史的建造物からなるモントリオール観光におすすめの立地「ホテル プラス ダルム」Hotel Place D’armes

 

モントリオール観光のおすすめ

昔ながらの芸術から最新のデジタルアートまで堪能できるモントリオール。また50以上ある美術館や博物館はとても1度や2度のモントリオール旅行では制覇することはできません。

 

プロジェクションマッピング「AURA」も必見!ノートルダム大聖堂:モントリオール観光おすすめ1

モントリオール観光の定番と言えば定番のノートルダム大聖堂。この美しさは宗教が違う人でも釘ぎ付けになること必至。

Moment Factoryのデジタルショー「AURA」開催時と開催時間以外の2回行くことをおすすめします。祭壇、天井、壁すべてに映し出される「AURA」のショーはクオリティ高い作品ですし、「AURA」開催時以外の平常時のブルーのライトアップの美しさも必見です

息を吞む美しさ「ノートルダム大聖堂」 AURAも素晴らしいモントリオール旧市街おすすめの観光

 

夜のモントリオールの街で展開されるプロジェクションマッピング:モントリオール観光おすすめ2

プロジェクションマッピングの新たな使い方だと感動したのが「Cité Mémoire – Montréal en Histoires 」。夜のモントリオールの街で建物の壁や道にプロジェクションマッピングを投影されるのを無料で観てまわることができるものです。

このプロジェクションマッピングはモントリオールの様々な分野のプロフェッショナルな人たちが集まり非営利団体で運営しています。

モントリオール夜の街で歴史のプロジェクションマッピング Cité Mémoire – Montréal en Histoires

 

モントリオールの街中を歩いてみて見えてくる真のモントリオール:モントリオール観光おすすめ3

ウォールアートをはじめとするダウンタウンの芸術や、ユニセックストイレなど街歩きをして見えてきたモントリオールについてまとめたブログ記事です。

街歩きで観られる今のモントリオール:モントリオール観光

 

モンロワイヤル公園・サンテレーヌ島:モントリオール観光おすすめ4

サンテレーヌ島おすすめ観光モントリオール

モントリオール中心地からがんばれば徒歩でいける高台にあるモンロワイヤル公園。さらに万博会場として使われたサンテレーヌ島での観光おすすめのまとめです。

モンロワイヤル公園からサンテレーヌ島 ぐるっとモントリオール観光おすすめをピックアップ

 

ベルリンから寄贈されたベルリンの壁:モントリオール観光おすすめ5

モントリオール観光おすすめのベルリンの壁

 

モントリオール誕生350周年を記念してベルリンから寄贈されたベルリンの壁の一部を見ることができます。東西に分断していたドイツの歴史とそこにいた人たちの様子が分かる壁をモントリオールで観ておくというのもよいのではないでしょうか。

モントリオールで観られるベルリンの壁とシャン・ド・マルス広場の城壁跡:モントリオール観光

 

モントリオールの歴史がわかるポワンタカリエール考古学博物館:モントリオール観光おすすめ6

先住民がいたところにフランスの入植があり、その後イギリスの入植という歴史を持つモントリオール。そんな歴史を体感できるポワンタカリエール歴史&考古学博物館です。

歴史を見るモントリオール観光・ポワンタカリエール歴史&考古学博物館

 

 

モントリオールから近いローレンシャンもおすすめ

ローレンシャンは高原の紅葉というイメージですが、ローレンシャンと呼ばれるエリアは広く、モントリオール市街から車で45分ほどの場所にもおすすめの場所があります。

モントリオール観光から少し足を伸ばしてみるのもおすすめです。こちらのページにローレンシャンの観光グルメをまとめてあります。

 

 

モントリオールグルメ(レストラン・カフェ)おすすめ

前述のとおり、モントリオールで食を楽しむのであれば「グルメ」や「美食」ということより先に「郷土料理」「ソウルフード」を味わってみることをおすすめします。食文化から見えてくるモントリオールの歴史があります。

 

モントリオール スモークミート発祥の店「シュワルツ」:モントリオールグルメおすすめ1

モントリオールのソウルフードとしては定番のスモークミートサンド。その発祥の店であるシュワルツです。ルーマニアからのユダヤ系移民だったシュワルツさんによってはじめられた店で、ユダヤ教の戒律に沿ったレシピで作られています。

歴史的意味もあるモントリオールフードですし、なによりこれ美味しいのです!

「シュワルツ」モントリオールのご当地グルメ!モントリオール スモークミートおすすめ Schwartz’s

 

モントリオール ベーグルおすすめ2店食べ歩き:モントリオールグルメおすすめ2

ゲシュタポに逮捕され強制収容所に入れられていたレフコヴィッツ氏がカナダのユダヤ人移民救援サービスによって発見され、移住、開店したベーグル店など2軒を食べ歩きしました。

ニューヨークベーグルとモントリオールベーグルの違いもご紹介しています。

モントリオール ベーグル 食べ歩きおすすめ2大人気店「フェアマウントベーグル」と「サンヴィアトーベーグル」

 

旧銀行の建物を利用したカフェ「クルーカフェ」:モントリオールグルメおすすめ3

クルーカフェ CREW CAFE モントリオール

重厚感ある建造物が好きな人には絶対に行ってほしいクルーカフェ。旧銀行の建物をそのまま使っているカフェです。私が行った日はあいにく貸し切りでカフェに入ることはできませんでしたが、入り口とロビーだけでもカッコいい雰囲気は楽しめました。

「CREW CAFE クルーカフェ」入れなかったけどおすすめしたい!古銀行を利用したモントリオールのカフェ

 

モントリオールのビーガンレストラン「LOV」:モントリオールグルメおすすめ4

ビーガンレストラン モントリオールLOV

ビーガン食のレストランです。ビーガンとはベジタリアンよりさらに厳しいと言われている乳製品や卵などもとらない食生活。しかし食べてみると乳製品や卵が使われていないとは思えない出来栄えの料理の数々でした。

モントリオールのランチはビーガン レストラン「LOV McGill 」

 

薪焼きグリルがおすすめモントリオールのレストラン:モントリオールグルメおすすめ5

モントリオール肉が美味しい店おすすめ

店内でパチパチと音をさせて燃える薪のグリルが自慢のレストランフォクシー。塊肉料理をはじめとしたグリルが得意ですが、生がきも絶品でした。

薪で焼くグリルがおすすめモントリオールのレストラン「フォクシー」Restaurant Foxy

 

北米最古のオーベルジュを利用したレストラン:モントリオールグルメおすすめ6

モントリオールおすすめグルメ

北米最古と言われているオーベルジュを利用したレストラン「オーベルジュ サン ガブリエル」。当時の空気を再現するため店内はロウソクが灯されています。

北米最古の旅館を利用したモントリオールおすすめレストラン「オーベルジュ サン ガブリエル」Auberge Saint-Gabriel

 

モントリオールっ子に大人気のディップチョコ ソフトクリーム:モントリオールグルメおすすめ7

こちらは近年のモントリオールっ子に爆発的にヒットしたというディップチョコのソフトクリーム。ディップチョコソフトクリームとはどんなものなのか、またオーダーの方法など詳しくご紹介しています。

モントリオール最新人気スイーツ!ディップチョコソフトクリーム

 

カナダ全土で人気のティムホートンズ:モントリオールグルメおすすめ8

ティムホートンズ タンブラーおすすめ

ティムホートンズはモントリオールというよりもカナダ全土にある超人気のドーナツショップ。ドーナツが美味しいのはもちろんのこと、お土産にティムホートンズのタンブラーもおすすめです。

Tim Horton’s ティムホートンズ カナダで人気のドーナツ店! タンブラーはお土産におすすめ!

 

 

モントリオールおすすめのお土産店

モントリオールは歴史ある街でありながら、最先端のスタイルも取り入れている街。だからこそお土産ショッピングもかなり楽しめるエリアでもあります。

 

ノートルダム大聖堂近く可愛いお土産が揃うカフェ:モントリオールお土産おすすめ1

カフェ&お土産店 モントリオール

ここはカフェとしても利用できるお店で2泊のモントリオール滞在中に4回も行ってしまったほどにお気に入り。店内に並んでいるメープルシロップのデザインも他とは違ってオシャレ。その他メープルの石鹸もおすすめです。イートインコーナーは朝食から利用することができます。

 

ノートルダム大聖堂のすぐ横にあるので、観光ついでにお茶とお土産に寄るのがおすすめです。

朝食から食べられるモントリオールおすすめのカフェ&雑貨屋 プティ ディップ「LE PETIT DEP」

 

インスタ映え間違いなしのジェラート専門店&お土産:モントリオールお土産おすすめ2

ジェラート専門店 モントリオールおすすめ

 

宮殿のような店内がオシャレなこちらはジェラートとクレープの専門店。ここも並んでいるお土産が女性受け間違いないデザインのものばかりです。

モントリオール旧市街 女子旅おすすめジェラート専門店&お土産「La Maison Bagatelle」

 

 

 

ギフトを考えて集められたチョコレート専門店:モントリオールお土産おすすめ3

モントリオールお土産おすすめのチョコレート専門店

チョコレート専門のセレクトショップ。ギフトにすることを考えてのセレクト&パッケージjなので、見ているだけでも笑顔になれるお店です。

もちろん味は最高に美味しいチョコレートでした。

お土産にしたくなる可愛さ!モントリオール人気のチョコレート専門店「チョコシナ」BOUTIQUE CHOCOSINA

 

ケベック土産にお酒を買うならSAQ:モントリオールお土産おすすめ4

モントリオールお酒のお土産おすすめのSAQ

ケベック州は法律で決められていてコンビニなど一般のお店で買えるアルコールはほんの一部。お酒のお土産を買うならSAQへ。スタッフの知識も豊富なのでいろいろ相談にのってもらえます。

ケベック旅行中にお酒をお土産に買うなら「SAQ」政府運営お酒専門店

 

旅行の定番土産すべてが揃っている店:モントリオールお土産おすすめ5

ノートルダム大聖堂のすぐ横お土産屋モントリオール
ノートルダム大聖堂のすぐ横にあるお土産ショップ。カナダ土産がすべて集まったようなお店で、どんな人へのお土産もここで揃ってしまうようなお店です。

モントリオール旧市街でお土産を買うならここ「Bastix Souvenir」

 

スタイリッシュなお土産ならセレクトショップ:モントリオールお土産おすすめ6

セレクトショップ。モントリオールお土産おすすめ

日本人スタッフのかたもいるセレクトショップ。スタイリッシュなデザインの商品も多く自分のお土産にもおすすめのお店です。

モントリオール サン・ポール通りでも一際オシャレなセレクトショップ「MAISON PEPIN」

 

 

Special Thanks
Tourisme Montreal
(FB @Montreal / TW @Montreal /IG @Montreal@MTLmoments )

QuebecOriginal
(FB @tourismequebec/TW@TourismeQuebec/IG@tourismequebec

 

*本記事はカナダケベック州観光局のプレスツアーでの記事になります。

五感で自然を味わう「ローレンシャン・モントランブラン旅行」観光・グルメブログ記事まとめ Laurentians INDEX

(*)情報は掲載時または旅行した日のものとなります

「カナダ ケベック旅行ブログ 」カテゴリの関連記事