世界遺産の街「ケベックシティ旅行」観光・グルメブログ記事まとめ Quebeccity INDEX

スポンサーリンク

カナダ ケベック州観光局にご招待いただいたプレスツアー。その中のケベックシティでの観光とグルメについて書いたブログ記事をまとめてご紹介します。

街が世界遺産!ケベックの歴史が詰まったケベックシティ

カナダ ケベック州のケベックシティは旧市街全体が世界遺産に認定されている街。1600年代はじめにフランスが領土を広げるためにやってきたのがケベックシティであり、ここにヌーヴェルフランスが誕生しました。

ケベックシティ 観光おすすめ
スピルバーグの映画「Catch Me If You Can」では、フランスの田舎町のシーンとして使われた勝利のノートルダム教会

そのためケベックシティの街並みはフランスの色が濃く残り、映画でもフランスのシーンのロケ地として使われるほどの街並みです。

 

★ケベックシティはこんな人におすすめ★

・石畳の可愛らしい商店街はフォトジェニックを求めている人、可愛らしいもの好きな人

・カナダ誕生の地としてのケベックシティは歴史好きな人

・英仏戦争の名残り石造りの城壁など、重厚感ある建造物が好きな人

 

日本からケベックシティの行き方

昨年2018年よりエアカナダによって日本からモントリオールへの直行便が就航するようになりました。

今回我々は成田空港からモントリオール国際空港へ(約11時間)エアカナダで行き、そこで国内線に乗り継ぎをしてケベックシティにあるケベック空港(約50分)というルートをとりました。

乗り継ぎ時間が3時間20分ありその間は空港で過ごし、その後のモントリオール⇒ケベックシティの国内線は50分。ケベック空港からケベックシティ市街には車で30分ほどかかります。

 

モントリオール国際空港から直接ケベックシティまで(約3時間)バスで行く方法もあるので、そちらのほうが早いかもしれません。(参照)Orléans Express

 

ケベックシティホテルのホテルは観光名所でもあるシャトー・フロンテナック

ケベックシティのランドマーク的存在、お城をイメージして建てられたホテルシャトー・フロンテナックは1893年開業。見た目の豪華さだけでなく、歴史あるホテルでエリザベス女王をはじめ各国の要人も宿泊したり、映画やドラマのロケ地としても使われているホテルです。

ケベックシティ 観光おすすめ
第二次世界大戦中イギリス首相のチャーチルとアメリカのルーズベルト大統領によって「ケベック会談」がここで開催された

ブログではシャトー・フロンテナックの歴史、部屋のレポート、朝食ビュッフェをご紹介しています。シャトー・フロンテナックの朝食ビュッフェおすすめです!

古城のような「シャトー・フロンテナック」 ケベックシティ観光におすすめのホテル

 

世界遺産の街 ケベックシティ おすすめの観光とショッピング

ケベックシティ観光は1600年代はじめにフランスからジャック・カルティエとサミュエル・ド・シャンプレインが来たこと、その後にケベックシティを領土にとるための英仏戦争が長年続いたことを知っていると、観光がより興味深いものとなります。

ケベックシティ 観光おすすめ

ケベックシティ州議事堂:ケベックシティ観光おすすめ1

立派な州議事堂。ケベックの歴史のはじまり3人のフランス人の説明と、カナダからの独立志向が強いケベック州の経済事情などをブログでご紹介しています。

3人のフランス人の名前が刻まれている「ケベック州議事堂」から見る歴史

 

サンルイ門・シタデル・戦場公園:ケベックシティ観光おすすめ2

ケベックシティ旧市街が世界遺産に認定されている要因の一つ「北米で唯一、城壁が残る街」。

その城壁と門があるサン・ルイ門をはじめとする英仏戦争の歴史が残るシタデルや戦場公園についてブログでご紹介しています。

城郭の都市ケベックシティ  サン・ルイ門~シタデル・戦場公園で見える歴史:ケベックシティ観光おすすめ

 

プチシャンプラン通り・ロワイヤル広場:ケベックシティ観光おすすめ3

フランス人のサミュエル・ド・シャンプレインが1608年から毛皮貿易をはじめたのがケベックのはじまり。

絵になる北米最古の商店街「プチシャンプラン通り」とシャンプレインが貿易をしていた場所でもある「ロワイヤル広場」をブログでご紹介しています。プチシャンプラン通りはケベックのお土産を買うショッピングにもおすすめです。

可愛さも歴史もギュッと詰まった「プチシャンプラン通り」〜「ロワイヤル広場」ケベックシティ 観光おすすめ

 

ダルム広場・フニキュレール乗り場:ケベックシティ観光おすすめ4

崖の上のアッパータウンと下のロウワータウンに分かれているケベックシティ。その2つをつなぐモノレール「フニキュレール」の乗り場があるのがダルム広場。ケベックシティ観光の拠点ともなる場所です。

ケベックシティ旧市街の中心地 ダルム広場とテラス・デュフラン~フニキュレール乗り場

 

りんごのアイスワインの店「PEDNEAULT」:ケベックシティ観光おすすめ5とお土産

プチシャンプラン通りにあるりんごのアイスワインの店。アルコール以外にもフルーツを使ったソースやジャムなど小さな瓶からあるのでお土産を買うにもおすすめのお店です。

100年続くりんご園のアイスワインや果実バターの店「PEDNEAULT」プチ・シャンプラン通り

 

今年リニューアルした市場ル・グランマルシェ:ケベックシティ観光おすすめ6

港近くにあった市民の台所「旧港市場」が今年移転し市の中心部にリニューアルオープン。新しい「ル・グラン・マルシェ」にも行ってみました。ケベック産の野菜やメープルシロップ、ワイン、可愛らしい雑貨などを買うことができます。

「旧港市場」が移転リニューアル「ル グランマルシェ」ケベックシティの台所はお土産にもおすすめ

 

ケベックシティおすすめのグルメ

ケベックシティは2泊しましたが、初日は夜10時過ぎにホテルに到着したので、ホテルメイドのお弁当を部屋で。そして最終日は早朝に次の地へ旅立ってしまったので、今思うと食事の回数があまりありませんでした。

ケベックシティ グルメ カナダ旅行 おすすめ

中でもおすすめなのは、前述のホテルシャトー・フロンテナックの朝食ビュッフェ。パンもお肉もフルーツも絶品でした。それ以外のランチ1回・ディナー1回・フリータイム中に入ったカシュガーシャック(砂糖小屋)ので人気のファストフードをブログでご紹介しています。

 

シュガーシャックのカナダ料理の店ラ・ブッシェ「La Buche」:ケベックシティ グルメおすすめ

シュガーシャック(砂糖小屋)で食べられているカナダ料理の数々を食べられるレストラン。伝統的なカナダ料理も食べられるおすすめのLa Bucheです。

カナダ料理プーティーンやメープルタフィーを楽しめるケベックシティおすすめのレストラン「La Buche」

 

スイーツのファストフード「ビーバーテイルズ」:ケベックシティ グルメおすすめ2

甘いものが食べたくなったら、カナダ全土で人気のスイーツのファストフード「ビーバーテイルズ」へ。揚げたてのビーバーテイルズに好きなトッピングをのせて楽しめます。

人気の「ビーバーテイルズ Queues de Castor」でカナダグルメのスイーツを味わう

 

気軽にフランス料理が楽しめる Chez Jules(シェジュル):ケベックシティ グルメおすすめ3

ケベックシティの中心部ダルム広場のすぐ横にあるChez Jules。気軽にフレンチを楽しめるブラッスリータイプのお店です。巨大な豚肉が乗ったサラダがおすすめ!

Chez Jules(シェジュル)ケベックシティおすすめのレストランは併設のショップも楽しい

 

▼ブログでご紹介した場所を地図にマッピングしてあります

 

*本記事はカナダケベック州観光局のプレスツアーでの記事になります。

 

(*)情報は掲載時または旅行した日のものとなります

「カナダ ケベック旅行ブログ 」カテゴリの関連記事